がん診療連携拠点病院 金沢大学附属病院 がんセンター

トップイメージ

メニューアイコン金沢大学附属病院 がんセンター概要

センター長あいさつ

センター長

わが国では、毎年30万人以上ががん(悪性新生物)で死亡しており、がんはわが国の死亡原因第一位の重要な国民病ともいえます。がん死亡率を低下させるためにがん医療の均てん化が求められている昨今、わが国では臓器横断的ながんマネージメントができる臨床腫瘍医の不足が深刻な問題となっています。このような臨床腫瘍医への社会的ニーズに伴い文部科学省から「がんプロフェッショナル養成プラン」が出されるなど、臨床腫瘍医が非常に注目されその育成が大きな課題となっています。

がんセンターは、がん研究所腫瘍内科と腫瘍外科の医師がスタッフとなり、外来化学療法室をセンター内に置くことで、薬物療法を中心とした集学的治療を実施する部門として開設されました。トップページの若葉の絵のように芽生えたばかりのセンターですが、スタッフ全員が薬物療法のプロ(臨床腫瘍医)を目指し努力するとともに、がん診療連携拠点病院の中核組織として各診療科との連携、がん情報の発信、がん医療関係者の育成を推進し北陸のがん医療に貢献したいと考えています。

がんセンター長矢野 聖二