がん診療連携拠点病院 金沢大学附属病院 がんセンター

トップイメージ

メニューアイコン石川県がん診療連携協議会

活動内容

石川県がん診療連携協議会について

石川県全体のがん医療水準の向上を図ることを目的として、石川県内の国及び県の指定するがん診療連携拠点病院等間の連携協力を推進するために設置されています。

石川県がん診療連携協議会の協議事項

  1. 石川県におけるがん診療の連携協力体制及び相談支援の提供体制その他のがん医療に関する情報交換に関すること。
  2. 石川県内の医療機関が実施する院内がん登録のデータの分析、評価等に関すること。
  3. がんの種類ごとに、石川県においてセカンドオピニオンを提示する体制を有するがん診療連携拠点病院を含む医療機関の一覧の作成・共有及び広報に関すること。
  4. 石川県におけるがん診療連携拠点病院への診療支援を行う医師の派遣に係る調整に関すること。
  5. 石川県におけるがん診療連携拠点病院が作成している地域連携クリティカルパスの一覧の作成・共有に関すること。
  6. 石川県におけるがん診療連携拠点病院が実施するがん医療に携わる医師を対象とした緩和ケアに関する研修その他各種研修に関する計画の作成に関すること。
  7. その他がん診療連携に関すること。

石川県がん診療連携協議会部会について

石川県がん診療連携協議会の下に研修・連携部会、がん登録部会の2部会が設置されています。

部会名称 担当業務
研修・連携 専門医療人の養成
研修計画
診療支援医師の派遣調整
相談支援
クリティカルパスの整備
がん登録 統計
院内のがん登録データの分析・評価