がん診療連携拠点病院 金沢大学附属病院 がんセンター

トップイメージ

メニューアイコン外来化学療法室

チーム医療

チーム医療の取り組み

  1. 化学療法を受ける患者の採血結果を優先的に報告します。(検査部の協力)
  2. 医師は各診療科から当番制で常駐                             ☆は第1・3・5週

    月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
    午前 がんセンター 第2内科 第3内科 第1内科 ☆耳鼻咽喉科
    第2外科
    午後 がんセンター 泌尿器科 第2外科 ☆産科婦人科 第2外科
    ☆第2外科 第1外科
  1. 薬剤師によるレジメンの登録・管理、患者教育
    1. レジメンの登録
      新しいレジメンの登録、及びレジメンの整理
    2. 治療計画書
      新規に外来化学療法を開始する時、又は化学療法の内容を変更する時に提出
    3. 投与計画書の作成
      休薬期間の確認や患者情報の集積
    4. 調剤、混注量の計算、処方監査、ラベル作成(前日)
      注射オーダーの入力確認、ダブルチェック
    5. 混合調整、払い出し、服薬指導(当日)
      がん化学療法のレジメンをまとめたポケットガイドを2009年から発行しています。
  2. 看護師によるセルフケア支援

    限られた時間の中で、自宅での副作用症状や対処方法について医療者と患者が情報を共有するため、「ちりょう日記」(独自に作成した患者記録ノート)を活用しています。患者のセルフケア能力を高め、前向きに主体的に、治療を継続できるように支援していきます。

    患者・家族への日常生活活動や副作用・症状悪化に対する対処方法について指導します。

            投与計画書 ポケットガイド 各種パンフレット ちりょう日記
自己抜針用パンフレット